宗家 岡田俊郎について

東洋武道連盟「琉球少林流空手道」、「神月円心流古武道」、月心会宗家、岡田俊郎正範士十段は多くの弟子を育て上げ、空手界に岡田ありと言われ、古来より 伝わる日本の誇る古武道、空手道の普及、発展に尽力している練達の士である。昭和11年富山県高岡市で出生、尊父猛夫氏(大蔵省・大阪府吹田市教育委員 長・大阪府吹田市議会議員)より、「人の道、正しい道」を教えられる。

 

礼儀を重んじ、体内からの気合も凛々しく、迅速機敏な動きをもって素手で相手を倒す空手の魅力に惹かれ熱心に稽古を重ねていった。爾来、沖縄空手界 に名人キャンと謳われた「(故)喜屋武朝徳先生」の直流をうける全沖縄空手道連盟初代会長「(故)島袋善良先生」より少林流の直流を修得、「島袋善保先 生」(島袋善良先生の御子息)より少林流空手道を修得、更に賢友流空手道、糸東流空手道、剛柔流空手道と各流を習得、上地流空手道、松林流空手道を研修、 これら空手道を研鑚し総合整理する。 昭和35年から 38年にかけて、沖縄の50の道場を訪問、空手道・古武道(サイ術等)を学ぶ。特に拳聖「(故)島袋太郎先生」より、直接指導を受ける。

 

平成8年、沖縄で「(故)喜屋武朝徳先生」の直門下である少林寺流宗家、求道館館長「仲里常延先生」より正統七法[アーナンクー・ワンシュー・チン トウ・セイサン・五十四歩・パッサイ・クーサンクー]と[徳嶺ぬ棍]を細部にいたって指導をうける。当時、沖縄空手界の長老であり、[普及型]を昭和16 年に制定された世界松林流創始者、興道館館長の「(故)長嶺将真先生」より空手道の様々な指導を受ける。


「(故)中嶋浅吉先生(大阪府機動隊武道師範)」より夢想権之助の直流をうける神道夢想流杖術、無双英信流居合道、一角流十手術、鉄扇術、一心流鎖 鎌などを修得。他の武歴として、剣道、合気道、八光流柔術、琉球古武道(サイ術)、双節棍(ヌンチャク)、トンファー、棒 等を修得。

 

平成6年11月、東洋武道連盟、月心会最高顧問に少林流空手道聖武館館長「島袋善保先生」就任。琉球少林流空手道が喜屋武朝徳先生(キャン流)本流を継承する、少林流空手道の正統空手の流れを受くる空手として歴史的一歩を踏み出したのである。

 

元来、指導者として一貫した指導理念のもとに、空手道を通して世の中に役立つ人材の育成、心・礼儀を重んじる精神を掲げ、自らの技を磨くと共に、後進育成にも抜群の指導力を発揮し、今や日本空手道界における岡田俊郎範士の功績は絶賛されている。

 

全日本学生古武道連盟師範、関西大学古武道部師範、元全日本武道連盟空手道師範、元西日本空手道連盟理事として、幾多の他武道練達の諸士と深く交流し、沖縄に育った伝統的武技を日本武道の一つへと築き上げ、その指導理念と技術は卓越したものがある。

 

京都武徳殿で開催された高段者武道演武大会においての演武披露には会場総立ち、万雷の拍手が鳴り止まなかった。その他、大阪球場での大阪祭武道大会 演武、神戸市立開館記念武道大会演武、あやめ池武道大会演武等においても観衆を湧かせ、華々しい活躍を呈し、NHK、読売、朝日、などの十数回にわたるテ レビ出演と、その空手技術のすばらしさは群を抜いている。


琉球少林流空手道 月心会

お近くの本部・支部

月心会 総本部(たまプラーザ)
月心会 総本部(たまプラーザ)
月心会 センター南支部
月心会 センター南支部
月心会 市が尾支部
月心会 市が尾支部
月心会 仲町台支部
月心会 仲町台支部

  他多数の支部があります。

  総本部のHPを確認して

  下さい。